西日本団体対抗将棋大会での思い出

アマチュアの頃、西日本職域団体対抗戦(現在の西日本団体対抗将棋大会)に出た時のお話です。
祖父が大阪中央卸売市場で自営業をしており、私も少しお手伝いをしていたので、中央市場チームで毎年大会に出ていました。

団体戦は5人1組で、3勝以上すれば、チームの勝ちとなります。
私がアマ二段位の頃、まだ10代でしょうか‥。まだまだ弱かった私は、なかなか勝つ事が出来ませんでした。なんだか足を引っ張っている様な感じでした。5年程が経ち、私も初めて出た時より強くなっていました。そして、遂に決勝戦まで駒を進める日が来ました。

チームの中では位があり、1番上から、大将、副将、三将、四将、五将。1試合終わる事に場所は変える事が出来ます。今まで、ずっと五将でしか出た事がない私。ここまで来たら優勝したくて、私が作戦を立てました。

祖父に耳元で、「最後、私を大将で出してほしい。きっと大将には強い人が来る。私は強い人に負けるが、副将から下、みんなで勝つ作戦で行こう。
祖父は、「よっしゃ!」と気合いを込めて、対局は始まりました。

私の対局が1番最後まで残っており、周りのギャラリーが多くて凄かったのですが、やけにシーンとしていました。これはもしや、今2勝2敗で私が勝てば優勝なのでは・・・と若干気になりましたが、優勝目指して一生懸命指しました。そして、なんとか勝つ事が出来ました。結果は、3勝2敗でチームの勝ちとなり優勝をする事が出来ました。大喜びで、とても楽しい思い出です。チームに貢献する事が出来、本当に良かったです。
女流2級 高浜愛子

※写真は「3月のライオンカフェ」に行った時の写真です。

ph_column_2017_0423.jpg