ほんの気持ち

ほんの気持ち

お世話になっている方にバレンタインデーのチョコを渡したいけど、一人でものを贈るのは恥ずかしい...なんてときには友達に相談する。
「だったら一緒に買いに行こう!」と言ってくれたのが由紀ちゃん。愛子ちゃんも加わって、三人で日本橋三越まで行くことに。
目当ての岡田美術館のチョコレートはまさかの売り切れではあったが、がっかりした勢いでチョコの名店の並んだ催事場をぐるぐると見て回り、差し出される試食のチョコを食べた。
「これ美味しい」「これヤバイ」「こっちにお酒入ってるのがある」「どこどこ?」お酒入りのお菓子に目のない私。
プレゼントのことを忘れ試食することに夢中になる三人。チョコを買いに来るのってとても楽しいものです。あげるものより、美味しいのを食べていたりして。
最後、手渡すチョコレートにつけるお手紙を書くために立ち寄った喫茶店で、試食のチョコレートケーキまでいただいて、この日のバレンタイン・ツアーは終了。三人からお手紙つきの銘柄チョコレートを渡されて、もらった側も何事かと驚くことでしょう。
別れのあいさつではありません。借金の申し込みでもありません。日ごろの感謝の気持ちです。

写真は佐藤康光先生会長就任お祝いのコチョウラン。私の一番好きなお花。見事でした。