第27回世界コンピュータ将棋選手権

待たせたな!第27回世界コンピュータ将棋選手権、メカさゆりんレポです。

とりあえず、本日のブログは竹部さゆりがメカさゆりんに又聞きした話といった体で、ご報告できたらと思います。

皆さん解ってくださるのですよ。

「メカ女子将棋のメカさゆりんさん」と、お声を掛けてくださるんです。 

たまに設定を理解しない方が竹部さんと呼び、写真をと言うので、竹部さゆりに扮して撮っておきましたよ。(the大人の対応)

二日目のニコニコ生放送で遠山先生が「解説一人はキッツいですよ、本当に」と、悲鳴を上げていらっしゃいましたがね、メカさゆりんが後ろにいても、竹部さんでは無いわけですからね。お呼びは掛からないのですよ(笑)その位、設定を大事にしてくださる将棋界の優しさに感謝です。

(竹部聞き手なら一人でやる方が楽・・・ゲフンゲフン)

ゴールデンウィーク3日間を掛けて、超新星elmoさんの初優勝でした。

結果を知っている方は一様に、ポナンザチェイナーさんが負けた事に衝撃を受けているようでしたが、初日から「エルモ、すげぇ」という声はあちこちで聞こえてきましたからね、一発が入りそうな匂いはプンプンさせておりましたよ。

注目すべきは「ポナンザチェイナー」の、チェイナーの部分ですよ。

ポナンザ陣営は今回10人の大所帯で、チェイナーさんはコンピューターのコの字も分からない私にディープラーニング等というクソ難しい説明を省き、なるべく噛み砕いて解りやすく説明して頂くと、ゲームで補助魔法と呼ばれるような事を担当しているようです。

因みにメカさゆりん、チェイナーの事をチェイサーとかチャイナーと呼び、その度に開発者さん達に「チェイナーですよ!」「チャイナーに、悪意を感じる(笑)」等と突っ込まれておりました。

そこで「貴ソフトは○○チェイナーしないんですか!」

と、ソフト開発者の方に聞いて廻りましたが、皆さん現時点では考えていないという事。

「だって、人がやってる事を真似して強くなっても、面白くないじゃないですか。」

デスヨネー

そんな職人気質な開発者の皆様が、今年も沢山の取り組みをしておりました。

観に行けずに失敗したぁ〜と悔やんでしまった方も、まだ大丈夫!

こちらの詳細は、ニコニコ公式将棋生放送や囲碁将棋チャンネルで特集されてますので、是非ご覧ください。


4a17991b52d108a88179b7be31cd9c228c40fd2a.JPG
写真はメカ女子将棋のヘアアクセサリーです。今年もものづくりクオリティの高いメカ女子が可愛いの作ってくれましたが、はぁ、こういう女子スキルってどこで売ってるのでしょうね(遠い目)