返信変身

返信変身

チャンク式や新聞の原稿を書いていると、将棋用語を一発で正しく変換するのはなかなか一苦労。

「どうひ」が「同火」、「どうぎん」が「道銀」になるのはまだいいほうで、

「ふながこい」を変換すると「フナが恋」になるから入力を「ふなかこい」と工夫すると「不仲恋」に...なんだそれは...「あんたなんか!別に好きじゃないんだからね!」とかいうあれか?そうなのか?仲良くしなさい!

「むかいびしゃ」は「向かい美者」に...向こうからイケメン歩いてきた的な...眼福なの...羨ましいわ...

将棋用語を変換しまくるとパソコンも予測するようになるのはありがたい文明の進化。

それでも「もめんどうふ」を変換して「木綿同歩」になってた時は流石に笑いました。

「私は絹ごし!」「僕は木綿!」「同歩!ワシも木綿!」なんて場面がこの先の人生あるでしょうか...あったら是非山口までお知らせください。

写真は本文とは全く関係がありませんが、お芋のスイーツです。

山口絵美菜