てっげ

てっげ

みやこんじょはてっげよかとこやっちゃが!

都城弁ネイティブの皆さんにはご説明不要かと思いますが、どうも何を言ってるかよくわからないという方が大半なようなので、翻訳すると

みやこんじょ(=都城)は てっげ(=とても) よかとこ(いい所) やっちゃが!(=ですよ!)

山口の第一言語、都城弁のダイレクトマーケティング、はじまりはじまり!

都城弁はイントネーションが独特です。

例えば「だからよー」(これは復習!まだの方は読み返して!)は

「だ↓か↓ら↑よ↑ぉ↓~」と発音。

序盤は低めに抑え、「ら」で思いっきりはね上げて、終盤「よぉ~」では力みを抜いて高きから低きに穏やかに流すという高度な方言プレイが求められるわけです。

だからよ~(=激しく同意)

文末には「け」
「明日ってやすみけ~?」=「明日は休みだっけ?」

突然の「ちゃ」
「そうやっちゃ!」=「そうなんだ!」

孫をほめるおじいちゃん
「てっげむじもんじゃ~」=「とても可愛いねえ」

遅刻しそうな高校生
「信号がパカパカしちょる!走らんないかん!」=「信号が点滅してる!走らないといけない!」

と、ここまでが期末テストの範囲です。各自復習しておくように!

山口絵美菜