ふるきよき

ふるきよき

新しく買ってきた物は生活を変えるものと生活に馴染むものかの大きく2つな気がする。

どちらがいい、とかではないけれども、新しく買ったものがあたかもずっと前から持っていたもののように、自分や暮らしに馴染むのは心地いい。

今日、父から届いた小包には銀色細身の指輪が2つ入っていて、その隣には先週壊れてしまった金の指輪が壊れたまま隣にちょこんと納まっていた。

身につけるものに関しては、自分に馴染むものの方がいい。

壊れてしまった指輪は、一目惚れして買ったもの。つけてみた時に「これ!」というぴったり感があったので買った。イメージで言うと、『ハリーポッターと賢者の石』でハリーが杖を振った時の光り輝く感じが脳内に広がるような、ぴったり感。風まで吹いちゃう感じ。

新しいものを自分に馴染むまで使うのもまたよしなので、物持ちがいい人を目指したいものです。

山口絵美菜