楽しいのが一番

この二日間、子供教室のお仕事で、まだ将棋を始めて間もない子供たちとたくさん将棋を指した。
あまりマナーはよろしくないが、なんとかこちらの王様を詰ましきった彼らが「勝った!」と手を挙げて喜ぶ姿が好きだったりします。私が最初に父から将棋を教わったとき、投了時に「負けました」と言うルールを当の父も知らなくて、常に勝利者の勝利宣言で終局していた我が家よりはるかにましである(相手が勝ちました、と言ってくれないといくら局面がダメでも終わることができないので、これはこれである意味、厳しいのだ)。
「私は厳しく指します」と言っておきながら「負けました!」と連呼しているので、担当の方がはじめ驚いてました。まあいいではないですか。女は愛嬌です。

斎藤新四段、古森新四段、おめでとうございます。今一番勝てて嬉しいのはこのお二人なのかもしれないですね。