お仕事の合間に

ニコニコ生放送で、解説の富岡英作八段と一緒に、叡王戦の聞き手を勤めました。

先生に「タラレバの話はしても仕方ないよ。」と、久しぶりにやんわり叱られ、ハッ!としました。
m(。≧Д≦。)m

でも、大人になっても、面倒と思わずに叱ってくださる先生は本当にありがたいです。
と、同時にまだ自分を見てくださっているんだ、成長していなくて申し訳ないなと猛省しました。

富岡先生は、昔まだ竹部が奨励会なるものに所属していた15、6の頃「自分はプロになれると思う?」と、ふと聞かれた事があります。

真意が分からず、取り敢えずはいとお答えしますと先生はにっこり笑って「うん、いいね。プロになれるって信じて勉強しているうちは、プロになれるよ。」とアドバイスしてくださいました。

大人になった今だから分かるのですが、自分の努力を信じて打ち込めば道は開ける。辛くても続けなさいという富岡先生の言葉でしたが、やっぱり勝てなくなると自分を信じられないのですよね...。先生の貴重なアドバイス、だったのに勿体なかったな、と思います。

そして、叡王戦の合間に早めの夜ご飯を先生と一緒に行きました。
コーヒーもご馳走になりながら、沢山お話を聞いていただきました
(〃ω〃)

「ねぇ、竹部さん。お金を稼いで、それで幸せな日々を過ごせるかは分からないもんだよね。少ないから、大切に遣おうってなるじゃない。安くてうまい店を探そうっていう楽しみは、少なくともお金が余って仕方ない人には無くなる楽しみだよね...。」

富岡先生は、相変わらず楽しい感じで、心も純粋なままで。

どうやってそんなに心が歪まず、世俗にまみれず保ち続けているんだろうと不思議でしたが、「山に行くんだよ。」という話はとても素敵でした。
(*´ー`*)

心に澱のようなものが溜まる時は山に行って、思いっきりストレス解消するんだそうです。

タイムシフトでご覧になれる方は、是非、ニコニコ生放送9月26日叡王戦九段予選

①塚田九段VS鈴木九段
渡辺竜王VS①の勝者

二本立てをご覧下さればと思います。

富岡先生の面白くて、楽しい解説を聞きながら熱戦をお届けしております。

IMG_-m77g8c.jpg