寝屋川囲碁将棋まつり

寝屋川囲碁将棋まつり

昨日は寝屋川囲碁将棋まつりへ。

京阪線は大学生時代に寮から将棋会館に行くのによく使っていた線ですが、いつも特急だったので、初めての寝屋川。

「会場は駅出てまっすぐ、さらにまっすぐ行くと左にあるよ!(1キロ先)」レベルのわかりやすさ。

だがしかし!方向音痴とは!自信をみなぎらせて明後日の方角に行く才能!

まずは自分を信用しないことが肝心です。囲碁将棋に参加しそうな雰囲気の方の後ろをついて行く+GPSという、いわば雀刺し作戦を決行。
「この人だ!」と思いついて行った人が八百屋さんに入っていった時は劣勢を覚悟しましたが、チラシを手に会場へ向かう親子を発見し、無事会場につけました。

今回のイベントでは初めて、パワーポイントと大盤を使って「チャンク式講座」をしました。将棋を知らない方も取っ付きやすいように「脳トレ記憶力ゲーム」として、レベル1(駒1枚)から段々と枚数を増やして、囲いや戦型を覚えていくというのがテーマ。

初めは自陣の20枚覚えられたらすごいな!と思っていましたが、なんとなんと!最後には40枚全部の配置を覚えてくれる子達が5人も!講師冥利に尽きます。

パワーポイントが無くても大盤さえあればできるチャンク式なので、もっと講座としてやって行きたいなと思いました。

写真は帰りにとった電線。

山口絵美菜