クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

もうすぐクリスマスですね!

クリスマスにはいつも『ホーム・アローン』や『サンタクローズ』といった映画を見ていました。

ちなみに、『ホーム・アローン』は1から4まで見たのですが、一番好きなのは3です。ラジコンカー大活躍。

あとはシュワルツェネッガー主演の『ターボマン』。

最近見たい映画は『ギフテッド』という、数学の才能に恵まれた少女を描いた物語。なかなかタイミングが合わず、上映中に見に行けるかギリギリなところ。

脚本やしっくりかっちりはまって素敵だなと思ったのは『泥棒役者』で、小説が元になっているコメディタッチの映画。不幸な身の上から仕方なくやっていた泥棒から足を洗った主人公が、泥棒時代の先輩に脅されて大きな屋敷に忍び込み、勘違いに勘違いが重なって「泥棒」なのに「主人」や「編集者」といった役を演じていくことになる...というドタバタもの。

書いていたら映画を見たくなってきました!なにかオススメはありますか?

山口絵美菜