プリン

プリン

こたつの魔力、凄まじくないですか?

冷静に考えて、布団に暖房と机がついてて3Wayだし、だから帰省中に私がほとんどこたつに入っていたのも不可抗力によるものなのです。

そんなこたつがある実家で過ごすのも今日まで。明日は早朝から移動して宮崎市でイベント、そのまま飛行機で飛び立ち大阪に帰ります。

毎回帰省すると、これでもか!というほど美味しいものがたくさん買い込まれている我が家。

特にプリン。

別にプリンが特別好きというわけではないんです。ただ、気づいたら食べてたり、疲れたら買ってたり、向こうが勝手に寄ってきたりするだけで。

とはいえ「プリン体」とか「カラープリント」とか「チャップリン」とか、プリンを含む単語に反射的に反応しちゃう自分がいます。

今回家に待ち構えていたプリンは合計8個。そのうち賞味期限がすぐのものは間に合うように食べましたが、残りの7個はどうしようかと。

なんだかんだでいつもお正月は食べすぎてしまうので、今回はいつもの5倍くらい噛むようにしていました。

噛むと、お腹がすぐいっぱいになってしまうんです。

いくらプリンが飲み物に限りなく近いとはいえ、これではプリンのさしこみようがありません。諦めました。試合終了です。

残りのプリンは家族総出で楽しむことにして、プリンの購入は計画的にしようと心に誓ったのでした。

山口絵美菜