いつものこと

いつものこと

今日は対局でした。

対局のあとはよく歩きます。

「棋は対話」という言葉の、まさにその通りで、無音の対局を終えたあとでも喋り疲れたような気持ち。

実際盤上に放った「手」と放たずに水面下に転がした独り言と、頭の中にぐるぐる渦巻いて、しばらくは誰とも話したくないような。

とりあえず歩いて、歩いて、頭の中身を鎮めてから、本屋さんに寄って、家に帰る。

ここまでが対局の日の過ごし方です。

山口絵美菜