睦月

睦月

一月も明日で終わりですね。

年が明け、指し初め、仕事始め

新年ならではの鮮やかな気持ちもそろそろ落ち着いて、しっかり腰を据えたい季節です。

一月始まりのほぼ日手帳はきちんと毎日続いていて、なかでも巻末にある読書録は、本を読むたびに書き足しています。

最近読んだのは湊かなえさんの『物語のおわり』と藤崎彩織さんの『ふたご』

湊さんの本は『豆の上で眠る』を読んだ以来で、オムニバス形式の物語が物語を包み込んだような、人生の選択や人それぞれの考え方、見方について柔らかく考えさせてくれるお話。

直木賞候補の『ふたご』は、あらすじも読まずいきなりページを開いたので、出だしと本文にいい意味でギャップがありました。疾走感のような、なんとも言えない読後感です。

次はミステリーを読もうかな。

山口絵美菜