四字熟語

四字熟語

去年、サイン会で一番多かった「書いてください!」は修造。

たくさん書きました。

殿方の名前を色紙にドンッと書いて、左に自分の名前を書くのはなんだか不思議な感覚です。

色紙を書く時に「書く文字はどうやって決めますか?」と聞かれることが多々あります。

多分人それぞれ、その言葉との出逢いはあると思うのですが

私が一番書いている「駑馬十駕」はネットで熟語を調べている時にたまたま出逢った覚えがあります。

「この字、かっこいい!」と一目惚れして、意味を読んだらしっくりきて、書いてみたらますます惚れ込んでしまった。そんな出逢いです。

ただ一つの難点は、初見ではなかなか読みが難しいということ。読みがわからないと、検索もしにくい、しかも日常で使わない字ばかり...

なので子供大会の賞品用に書く時は、もっとシンプルな文字がないものかなぁ...一生懸命とか好きだけどなぁ...と思っています。

立春も迎えたことですし、なにか春らしい言葉と出逢いたいものですね!

写真は2級時代の色紙。たぶん駑馬十駕第1号。

山口絵美菜