銀幕

銀幕

去年の暮れに「Destiny 鎌倉物語」で映画納めをして、

今年に入ってからはまだ映画を見ていない山口です。

映画館で見るのも、家で見るのも違った良さがありますよね。

大学時代に住んでいた寮は、月に一度、TSUTAYAでDVDを借りてくる係の人がいて、みんなの多数決で見る作品を決めていました。

寮生の趣味が色濃く出たチョイス、鑑賞会の時は自分じゃ巡り会えそうもない映画をたくさん見ました。その中から2つ紹介します。

笑いたい方におすすめなのが「きっと、うまくいく」というインド映画。めちゃくちゃ踊ります。見てるだけで筋肉痛になるレベル。見るだけで色んなことを感じさせてくれる映画なので、あえてあらすじは書きません。

心に余裕がある方には「エターナル・サンシャイン」。集中していないと物語から振り落とされてしまいかねない疾走感のある作品で、主演はジム・キャリーですが全くコメディ要素はありません。「記憶を消せる」世界で、最愛の恋人が自分の記憶を消し去ってしまった。ならば自分も、彼女の記憶を消してしまおうーという、切ない脳内ラブストーリー。キャストも豪華です。


これから見たいのは「ルービー・スパークス」。売れない小説が書いた物語のヒロインが、なんと現実世界に現れた!というファンタジックな作品です。

そして「ティファニーで朝食を」。去年やっと日本語訳版を読み、勢いそのまま原書も買いました。読み切ったら、映像でも見たいなぁと思っています。

おすすめの映画を教えてください!

山口絵美菜