春ですね。

桜満開の暖かな日でした。

女流名人の就位式に。

記者の方にご挨拶すると、開口一番、「あれ?竹部さん、丸くなったね。」

はぁん!?
喧嘩なら年がら年中、高価買取り中ですぞ!
と、声を荒げた瞬間、ぎぃ~と扉が開いて中にはそうそうたるメンバーが式の開始を待っておりました。

穴があったら入りたいとはこの事でしょう。
煽り耐性0を見抜かれ、記者さんに陥れられた竹部は出鼻を挫かれ、シュン...。

さて、中でも、ちょうどまりかちゃん(中村真梨花女流三段)の隣が空いていたのですが、次の対局で戦う相手が隣にいきなり座ってきたら、まりかちゃんの性格からして気を遣うだろうと躊躇っていると、後の席に座っていた 環那ちゃん(鈴木女流二段)が、すっと席を開けて前に座ってくれました。

お礼をいうと、笑顔で無言で頷き...。ありがたくも申し訳なくて、シュン...。

そして、お腹空かない?少し食べたらと紀代子先生(関根女流六段)に声を掛けられ、アボカドとマグロのお洒落なパーティー食をひとつまみして、こちらはルンルン。

更には、舞台に登壇しての女流棋士全員の写真撮影では身長低めな方は前にと言われ、慎み深い相川女流初段に「はるちゃん!ちいちゃいから前だよ」と声を掛けると竹部さん!言い方がぁ~と、どこからともなくフォローが入ったり...。

相変わらず、先輩や後輩に甘やかされている竹部です。

今年度は女流もお仕事が増えて忙しいひとが多かったので、久しぶりに会えた後輩さんも沢山いて、嬉しかったです。

最近、忙しいのでしょ?
私の為に使ってくれるその心遣いはもっと自分の為に使ってよって、満開の桜を見るよりも幸せな気持ちになれました。

私もどんなに忙しくなろうとも、後輩さん達のこうした気持ちの持ちようは忘れずにいたいものです。

里見さん、女流名人9連覇おめでとうございます。
今日の着物姿も、とても良く似合っていましたね。
強さと美しさを兼ね備えた稀有な女流棋士として、輝いていました。

だが、S記者。
あなただけは許さない(笑)


絶対にだ!!

見ておれ、私の本気を将棋以外でも...と、心狭き竹部は心に誓ったのでありました。

e78ac904dea1a60f1b68c805edde03b79634032a.JPG