空心

空心

文章を書くのが好きなのと、少し矛盾するかもしれないけれど

言葉にできない、みたいな曖昧さが好き。

好きだけど、理由が言えないとか

こうだ!と揺らがない自信があるのに、根拠はないとか

なんとなく、そういう生っぽい感情が好きで

その感情由来で動ける人でいたいなぁ、と思っている。

そういう衝動めいたものって、心の近くに根ざしている気がして

自分も知らない、奥のところとか、よく知ってるんじゃないかなって思ってしまう。

そんなこんなで、私は電線が好き。

山口絵美菜