感想記

皆さんこんにちは。

天童に3泊4日名人戦の帯同で聞き手として参りました。
観戦記ではなく、天童の「感想記」です。
続きも近々アップしますので、その2も読んでいただけたらうれしいです。

私の慣れ親しんだ、東京を暫く離れ、天童ではさくらんぼ三昧です。
前夜祭では旬の佐藤錦が出たので、早速ぱくり。

天童ホテルの押野さんが「さくらんぼかお好きなら、朝どりのさくらんぼを箱買い出来ますよ一パック...千円位ですかねぇ。高いと3000円位しますが」と教えてくださいました。

そんなにお金もってきてないです...って、えっ!?佐藤錦ですよね!?
と、翌朝ホテルの正面玄関口で売っていたさくらんぼの値段を見ると本当に一箱千円です!
早速買って、部屋でパクパク。

さくらんぼ好きにはたまらないパラダイスでした。

そんなこんなで、大盤の聞き手の時間の合間をぬってアベマTV将棋チャンネルのスタッフさんや、記者の方と、王将果樹園にお邪魔しました。
まさか、仕事で来ていて本格的な観光なぞ出来るはずもないも思っていたのですが、さくらんぼ狩りやさくらんぼパフェなど、取材は頬がゆるむことばかりです。
本当にお世話になりました。

王将果樹園の矢萩さんは、さくらんぼの話をしだすと止まらないし、関係者はさくらんぼのいい絵が撮れるとちょっと嬉しそうです。

当初は軽いノリで取材していたように見えたのに...

「竹部さん、一口食べる顔くださいー」
竹部「ぱくっ!もぐもぐ、ごくんっ!おいひー( 〃▽〃)」

カメラさん「...。一旦カットします。竹部さんっ!食べてからそんなに味わっちゃダメ!一口食べたらすぐに笑顔欲しいんです。はいっ、もう一度回します。」

カメラさん、目が本気(マジ)です。

美味しい~と微笑む筈が、青汁のうーんまずい!もう一杯のノリでコメント。

翌日もスタッフさんとさくらんぼ帽子を被らされるしで、通りすがりの方に後ろ指指されながら...明後日の方向に全力投球し過ぎですよ(>_<)

女流棋士は様々なスキルを求められているなと思ったのでした。

その後、撮影は順調に続くのですが、ニコニコ動画さんは私の出番のない時間を調整してくださり、ティロホンに。
とてもお茶目な神谷先生とのやり取りで、竹部だけ楽しんでいなかったか?と、出演後に後悔しました。
もし、タイムシフトをご覧になれます方は名人戦初日解説会をご覧いただけたらと思います。

竹部、お仕事がんばってたはずなのですけれどねぇ...。
fe4d69c0cc93543a32193a424dddf9387c241772.JPG