寿司処 やまざき

行って来ました!豊洲市場。

寿司処 やまざき

愛子ちゃん(高浜愛子女流)オススメの、とても美味しいお寿司屋さん。

家から近くいつか行ってみたいと思っていたのですが、念願が叶い、実家の両親とお邪魔しました。

竹部は対局前日だったので、美味しいお寿司で鋭気を養いたかったのですが、お寿司の味に舌鼓を打つ姿は、最近ドラマで観ている忘却のサチコならぬ、忘却のさゆり(?)でした。

板さん「はい。こちら富山産のブリです」

忘却のさゆり「いただきます!」

あぁ…この、ぷりっぷりっのブリ!噛んだら歯に甘さを残しながら徐々に溶けて喉を通って行く感覚は堪らないわ。私の体に入るためにはるばる、日本海の荒波を渡ってきたのね…

次々と出される一貫ずつ、こんな感じ。

今思い出しても、出来損ないのグルメリポーターみたいです。

そして、写真のエビ。

活きてました! カメラを向けると跳び跳ねます。

板さん「生きてるこいつらの、最後の姿です。どうぞ(スマホのカメラに)収めてやってください。」

しんみりすること数秒、手早くエビを解体するとガスバーナーでごおおぉおおと、炙ってます。 板さん、あなた前世は織田信長だったんじゃないかしら!焼き討ちじゃーってな具合に勢いよく、こんがりサクッと焼いてます。

そして、炙って出されたエビさんですが、頭も腸も抜かれているのに、尻尾をビクッと動かしてました。

忘却のさゆり「このエビの尊い命を譲り受け、明日の対局は私の王様もこのくらいしぶとく、生命力強くなりますように…うーん!なんてっ甘く、ぴちぴちとした食感」等と、ありがたく頂きました。

両親も凄く美味しかったと喜んでおりましたし、ゆりかもめ豊洲市場からすぐの管理棟三階にある、やまざきさん、よろしければ是非!

IMG_-g75dz9.jpg