二眼カメラと余ったねじ

二眼カメラと余ったねじ

ブログタイトルが『ハリーポッターと賢者の石』と同じリズムを帯びていて気に入りました。開口一番何を書いているんだが、という感じですが久々の更新です。

先日女流棋士総会があり、その休み時間に先輩女流棋士と関西女流棋士とポケモンGOのフレンズ登録をしたのがここ最近のニュース。お歳暮・お中元の比じゃないレベルでギフトの贈答を繰り返しています。

そしてそして!Amazonで前々から予約注文していた『大人の科学マガジン』の二眼レフが届きました!

パーツを自分で組み立てるのですが、私は取扱説明書が読めない側の人間。それでも頑張ってYouTubeで気を紛らわしながら組み立てること40分ほど、写真の通りきちんと完成しました!


...が、パーツがあまりました。「工場の人のおまけかな?」的なささやかなものではなく、割と大きめなねじ。きっと何らかの意味を背負わされてパッキングされてきたであろう大きめのそれ。

でも、パーツが足りなくても動けば大丈夫じゃない?ということでとりあえずスルーし、フィルムを入れてみました。

...説明書にはあるはずのツメ(フィルムの穴を引っ掛けるやつ これがないとフィルムが回せない)がない。

ネジ、やっぱり納まるべきところに納めとかないとダメでしたね。もう部分的に解体してネジをいれて、再度組み立てたらなんとかなりました。

解体する時に外したネジが、なぜか本体に収まらなくて手元にあるんだけど...このネジはどこのネジだろう...

山口絵美菜