叡王戦|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

叡王戦七番勝負が開幕しましたね。

この文が掲載される頃には、第二局が指されているはずです。

同じ蒲田の道場で過ごしていて、高見叡王と永瀬七段の小学生時代を知っている身としては、嬉しいような、少し不思議なような気持ちになります。

叡王戦の第一局も、ニコニコ生放送で視聴していました。

高見叡王らしい積極的な指し回しが功を奏していたように見えたのですが、諦めずに粘って、勝利を引き寄せた永瀬七段の精神力は流石の一言でした。まさに負けない将棋ですね。



プロになってからのご活躍は、皆さんの方がお詳しいことと思いますので、お二人の記憶に残っているエピソードを少しだけ。

高見叡王が小学生の頃にお母様に連れられて、将棋会館に来ている時にすれ違った事があります。

優しそうなお母様で、小さい男の子はニコニコしていて、とても大切に可愛がられているのが伝わってきました。

こんにちはと挨拶すると、小さい高見さんがお母様の背中に隠れて、お母様が笑って、恥ずかしがってるのと仰っていました。

この子、将棋会館が大好きなの、と続けられた言葉が印象に残りました。

将棋がとても好きで、きっと強くなるだろうなあと、そう思った記憶があります。



永瀬七段とは、小中学の頃、蒲田の道場で教わったり、一緒の研究会に通っていた時期もあります。

風邪で高熱を出しながらも道場に来たり、平然と将棋を指していたり、当時から根性を感じさせるエピソードは事欠きませんでした。

一緒に研究会をしていた時、永瀬さんが手強い相手と当たった時、私は励ましつつも、少し厳しいのではというような事を言ってしまいました。けれども、そんな時でも永瀬さんは臆さず、自分より年齢も段も級も上の相手に向かってきました。

良い意味で、本当に負けず嫌いで、勝負師として尊敬できる面が沢山ありました。

行き帰りに、少年ジャンプの話をしているのは、微笑ましかったのです。



つらつらとまとまりのない文になってしまいましたが、いまや将棋界を代表する棋士になられたお二人が、この叡王戦の番勝負で、どんな戦いを繰り広げるのか、ニコニコ生放送の視聴者様たちと一緒に、楽しみたいと思います。


 思い出|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

思い出

先日、お仕事の後、鈴木女流二段に甘味処に連れて行ってもらいました。
おすすめのほうじ茶パフェは甘く美味しく、タワーの高さも、気になりませんでした(笑)

普段から、しっかりしていて、同い歳ながら、いろいろとアドバイスや、さりげない気配りをみせてくれる鈴木女流二段。
同世代ですが、ファンの方への女流棋士としての振る舞いなど、手本とする女流棋士の一人です。

ただ、二人でいると、ふと将棋盤を挟んで向かいあっていた子供時代の事が、頭をかすめる事があります。

口下手で引っ込み思案だった自分の子供時代、将棋の仲間に入れないでいると、鈴木さんがよく迎えに来てくれて、「まりかちゃん、一緒に行こう」と声をかけてくれた事は、大人になった今でも、感謝しています。

パフェの甘さを感じながら、そんな優しい記憶を思い出しました。




 2019|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

2019

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1月5日は毎年行われています、鳩森神社での将棋堂祈願祭と指し初め式でした。
将棋界の年度替わりは4月ですが、やはり新年は身が引き締まる思いです。
今年は亥年、前向きに自分らしい攻めの将棋を指したいと思います。
将棋ファンの皆様にとっても、今年が実り多い良い年でありますように!



 女流棋士会ハロウィンナイト|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

女流棋士会ハロウィンナイト

今年ももうすぐ終わりですね、これからクリスマス、お正月となる前に、10月30日に女流棋士会ハロウィンナイトがあります。

ハロウィン市場は、いまやバレンタインを上回るらしいです。
すっかり定着してますね。

ハロウィンの思い出は、幼稚園の頃に、赤ずきんちゃんの格好をしたのを覚えています。
母がチクチクと赤い頭巾を縫ってくれたのも、良い思い出です。
大人になった今でも、こうしてイベントを楽しめるのは嬉しいですね。

女流棋士の仮装はもちろん、ゲストの高見叡王、都成五段の仮装も注目です!
ちなみに、私もまだ聞いていません。当日のお楽しみです(笑)

写真は、10月生まれの某女流とのお食事会にて。
おしゃれなチョコレートプリンのはずが、焼き豚に似ていると.....




 西日本豪雨災害チャリティイベント|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

北海道地震で被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

9/8に東京将棋会館にて、西日本豪雨災害チャリティイベントが行われました。

女流若手同士の熱のこもった席上対局、新鋭対トップ棋士の白熱した戦いのほか、難問続出のミニ将棋検定、トークショー、モノマネ、笑いあふれる詰将棋対決など、見所が盛りだくさんだったと思います。
お楽しみいただけましたら、幸いです。

お客様のご案内や、イベントの裏方もこなされていた佐藤会長や、サイン会や席上、タイトなタイムスケジュールの中でも、笑顔を絶やさない佐藤名人の姿が印象的でした。

何より無事にイベントを終えられたのも、ご来場くださった皆様のおかげです。
最後になりましたが、午前の部、午後の部、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!

 第7回J:COM杯3月のライオン子ども将棋大会|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

J:COM杯3月のライオン子ども将棋大会

7月30日にJ:COM杯3月のライオン子ども将棋大会、神奈川大会にお邪魔しました。
暑い中でしたが、大勢のお子さん、またご父兄の方々にもご来場いただき、将来、プロ棋士を目指すようなお子さんから、ルールを覚えたばかりの初心者の子まで、熱戦を繰り広げていました。
スタッフの皆さまも、将棋に理解があり、優しいお兄さん、お姉さんといった感じで、とてもあたたかい大会だと感じました。
3月のライオンのイラストが参加賞や、記念パネルになっていたり、その辺りも可愛らしいです。
夏休みの良い思い出として、記憶に残ってもらえれば、とても嬉しいです。

審判長の中村王座と。
防衛戦も目前に控えていますが、好勝負の期待されるシリーズ、開幕を楽しみにしております。




 憧れ|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

憧れ

今日はお仕事で、丸山九段とご一緒させて頂きました。
将棋や勝負への考え方など、お話を伺う中で、いろいろと勉強になりました。

女流棋士を目指していた頃、タイトル戦の棋譜を並べていた憧れの先生と、お仕事をご一緒させて頂くと、嬉しいのと、少しふわふわした気持ちになります。
最近は、カロリーメイトの話題をよく振られるそうです。

丸山先生、ありがとうございました!




 国立新美術館|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

新国立美術館

ゴールデンウイークの最終日に、友人と六本木の国立新美術館に出かけてきました。
「至上の印象派展ービュールレコレクションー」
モネやルノワール、印象派の画家の素晴らしい作品ばかりで、特に展覧会のポスターになっていた、ルノワール「可愛いイレーヌ」という絵画が、本当に愛らしく、いつまでも見ていたいような一枚です。
会期終了間際という事で、だいぶ混んでいましたが、帰りにお土産のグッズも買い、カフェでお茶もし、久々に優雅な気分(笑)の休日でした。
写真は一緒に行われていた、鯉のぼりの展覧会、天井いっぱいに吊るされていて、壮観でした。




 喜多方将棋まつり〜らーめん尽くし〜|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

喜多方将棋まつり〜らーめん尽くし〜

福島県喜多方市の喜多方将棋まつり、しだれ桜女王杯に出演させて頂きました。
喜多方にお邪魔するのは、初めてです。前日から、有名な喜多方らーめん、らーめんピザ、翌日の喜多方ラーメンプリンまで、ラーメンのフルコースを堪能させて頂きました。食べてばかりですね苦笑
でも、どれも大変美味しかったです!

しだれ桜女王杯は決勝で、甲斐女流五段に敗れ、内容も大差でしたので、個人的には残念ですが、地元の皆様のあたたかなお心遣いや、将棋普及への熱意、地元、福島への愛着は、とても心あたたまりました。
また時折、震災の時の話題が出るたびに、辿られた復興の道のりを思いますと、言葉に出来ないものを感じます。

地元の皆さまには、大変お世話になりました。
喜多方将棋まつりの、今後ますますのご発展をお祈りします。

写真は名人戦でも対局者に出された、ラーメンプリン。
復興を願って、地元の和菓子屋さんが開発されたものだそうです。





 さくら、さくら|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

さくら、さくら

連盟でのお仕事の後、渡辺弥生さんと新宿御苑にお邪魔して来ました。
連盟からは歩いて10分少々、お天気の良い日には、手軽にお花見&お散歩が楽しめます。
(二人の身に起こったささやかな事件?は、渡辺女流のブログをお読みください)

御苑の桜は美しく、四季の移り変わりを楽しむ、日本人でよかったなと思わせてくれます。

かつて研究会仲間の女流棋士と共に、新宿御苑にブルーシートを広げ、お花見将棋対決!?を夢見た日もありましたが、うららかな日差し、はらはらと風に舞う、桜の美しさには勝てず、風にシートをあおられるたびに駒を吹き飛ばされ、企画は幻のものとなりました。

新宿御苑を歩くたびに、その日のことを思い出し、つい笑みが浮かびます。




 第4回 チャレンジこども将棋大会|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

チャレンジこども将棋大会

今日は神奈川県大和市で、こども将棋大会のお仕事でした。
とてもマナーの良い大会で、真剣な対局姿、和気あいあいとした感想戦も、微笑ましかったです。
大会を通じて、参加者同士が仲良くなるのは、昔から変わりませんね。
参加者の女の子に、子供の頃の自分を重ねて、懐かしく思いました。
また来年も、大勢のお子さんが参加してくれたら、嬉しいです!



 札幌☆|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

札幌☆

久津女流二段が開催されている、「駒夢交流会in札幌☆」にお邪魔してきました。
もうすぐ50回を数えるイベントで、大会と指導対局に、大勢のお客様にお越しいただきました。
ありがとうございます。
地元の皆様が本当にあたたかく迎えてくださり、打ち上げも、笑いの絶えない雰囲気でしたね。
北海道はすっかり雪景色、晴れた空と虹が、とっても綺麗でした。



 ほそ島や|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

ほそ島や

先日のニコ生の時、将棋会館のご近所の「ほそ島や」さんに、久しぶりに行きました。
棋士の出前でも、お馴染みですね。
藤井四段の活躍や、将棋メシブームで色々取り上げられる機会も増えたかと思いますが、あたたかい接客と、どこか懐かしい味に、いつもホッと安心します。
会館から徒歩1分ほどなので、会館にお立ち寄り寄りの際はオススメです!
写真は鳥南そば




 映画|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

映画

先日、横須賀按針将棋サロンで、瀬川五段とお仕事をさせていただきました。
ご著書の「泣き虫しょったんの奇跡」が映画化されるということで、お客さまたちともそのお話で盛り上がっていました。
実はプロ編入試験の第一局は、現地で観戦していました。
タイトル戦ともまた違う、独特の緊張感が印象に残っています。
お相手が佐藤天彦名人(当時は奨励会三段)というのも、なんだか不思議な巡り合わせだなと思いますね。
映画公開が楽しみです!






 大阪☆|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

大阪☆

久し振りに、大阪に行ってきました。
今回は対局でも仕事でもなく、オフなので、のんびり過ごしました。
大阪での対局は多くはないのですが、気がつくのは、会館のお茶の種類が違う。(関東はほうじ茶、関西は玄米茶)
あと、御上段の間の読み方(おんじょうだんが、ごじょうだんか、一年に数回、議論になります。冗談みたいな話ですが笑)ぐらいでしょうか、そうそう、レストラン「イレブン」(バターライスが好きです!)の魅力も外せません。
今回は用事のため、残念ながら、福島の会館には寄れませんでしたが、関西の方は明るく、サービス精神旺盛な方ばかりですので、ぜひ遊びに行かれてください。




 駒|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

駒

少し前になりますが、お仕事先で縁があり、素敵な駒を頂きました。
竹風さんの作です。
よく手に馴染んで、使いやすいので、主に棋譜並べに使っています。

もう一つ、大切にしているのは、女流の非公式戦で優勝した時の副賞で、関西駒の会の方から頂いたもの。
棋楽さんの作です。
こちらも思い出があり、とても大事にしています。
皆さんは、どんな駒を使われていますか?






 朝茶|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

先日、将棋関係でご縁があり、お茶のお稽古に参加させて頂きました。
朝のお茶事は、8時過ぎから、夏の日差しが厳しくなる前に、お客様を涼しくもてなすという趣向らしいです。
事前にはなんとなく優雅なものをイメージしていたのですが、実際は手順がよくわかっていないため、終始、ワタワタしていました......。
でも、和室での振る舞い方は、普段での対局でも通じるものがあり、良い経験をさせていただいたと思います。
先生の仰っていた、所作が美しい人が、本当に綺麗な人という言葉が印象に残りました。
なかなかお淑やかにはなれませんが、日々、心掛けていきたいものです。

 十年後の未来?|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

勉強法について、後輩と話す機会があると、自分が女流棋士を目指した頃とは、ずいぶんと変わったと思う。
実戦、棋譜並べ、詰将棋、基本は同じだとしても、当たり前のようにコンピューター将棋の話題は出てくる。
練習方法について、いろいろ意見を聞かれることがあっても、十年前と今では異なる点も多いので、参考になるのか、よくわからない。
ふと、十年後の将棋は、どういう感じになっているのか考える。
ワクワクした気持ちと、少し不安と。
きっと変わるものはあるだろうけど、どんな新しい変化が起きているのか、その時もまた、新鮮な気持ちで、将棋盤と向き合えたらと思う。

 字は人を.....?|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

字は人を.....?

今日は書道のお稽古日でした。
忙しい時は行けたり行けなかったりですが、先生の気さくで明るいお人柄で、上達はともかく(苦笑)、楽しくお稽古をしています。
今日は色紙を書いていたのですが、ササーっと思い切りよく書いた私に、「中村さんが攻め将棋って言われるの、よくわかるわー。せっかちなのよねえ」と一言。
勢いありすぎ、将棋でよく言われる台詞です笑
今年こそ、将棋も書道も人柄も、少しは繊細さを手に入れたいものです......




 レディースセミナー|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

少し前からになりますが、連盟の女性教室の講師をしています。
年齢も将棋を始めた経緯も違いますが、皆さん熱心に取り組まれていて、将棋界のことにも詳しいです。

レディースセミナーの生徒さんは、少数ながら、お子さんの頃に将棋を覚えられた方もいますが、ほとんどは大人になってから駒に触れられた方ばかり。

少し強くなってくると、壁にぶつかったり、上達しないと悩まれる方も多いですが、そういう時は視点を変えて、一回の授業で教わった内のひとつだけ、覚えるようにしてみてください。

いっぺんに沢山覚えようとすると、頭がパニックになってしまいます(苦笑)

いつだって出来ないことばかり見えてしまいがちですが、将棋を始めたばかりの時を思い出せば、今は出来ることばかりなはずです。

将棋を趣味にされる女性の方々へ、頑張ってください。陰ながら、いつも応援しています!


 ハッピーバースデー|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

写真です

昨日は平塚でお仕事をさせていただきました。
最年少は小学二年生から大人の方まで、たくさん対局させていただいて、楽しかったです。
対局後、嬉しいサプライズがありました。
一足早い誕生日プレゼントとして、可愛いらしいお花のアレンジメントをいただきました(^^)
小鳥は幸福のモチーフだそうです。