女流棋士会オータムフェスタ~カレンダーカップ~ 開催レポート

9月13日(日)
マイナビ女子オープン一斉予選の会場としてお馴染みとなりました東京竹橋の「マイナビルーム」で、女流棋士会プレゼンツ、オータムフェスタ~カレンダーカップ~を開催しました。
メインイベントの「カレンダーカップトーナメント」は、優勝者が来年の女流棋士会カレンダーの表紙を飾る!という企画で、6月から対局を開始し、イベント当日は準決勝2局と決勝戦の模様をご覧頂きました。

カレンダーカップ2015_01
12時半開場、13時開演というスケジュールで、女流棋士は10時集合でしたが...すでに10名ほどのお客様が先にいらしていて我々をお迎えしてくださいました~(笑)
会場はメインステージ、カレンダーカップ準決勝ブース、指導対局ブース、販売コーナーで、
受付を済ませた方々は販売コーナーに集まり大賑わい。
カレンダーカップベスト8のコラボ扇子はすぐに完売、女流コラボ色紙もこの時点で半数以上がなくなり、他にも、ゲスト出演棋士の豊川孝弘七段Tシャツ、加藤桃子女王・女流王座と甲斐智美倉敷藤花が連名で揮毫した将棋盤入り福袋なども人気がありました。
カレンダーカップ2015_02
さて、いよいよ開演。メインステージでは加藤桃子女王・女流王座と塚田恵梨花女流2級VS甲斐智美倉敷藤花と和田あき女流初段によるペア対局。解説は豊川孝弘七段、聞き手は室谷由紀女流二段で、豊川七段のダジャレ攻撃を室谷女流二段がサラっとかわしてましたよ~。
カレンダーカップ2015_03
ステージと平行して行われたカレンダーカップ準決勝戦では、中村真梨花女流三段VS井道千尋女流初段戦、山根ことみ女流初段VS飯野愛女流1級戦が行われ、どちらも白熱した戦いでしたが、駒を進めたのは中村女流三段と山根女流初段。
カレンダーカップ2015_05カレンダーカップ2015_06
更に平行して指導対局ブース、1回目は斎田晴子女流五段と高浜愛子女流3級の4面指しが行われ、お客様には対局の記念として、使用した将棋盤の裏に指導棋士のサインを入れてお持ち帰り頂き、更にさらに並行して、販売コーナーでは出演棋士とポラロイド撮影会。
長沢千和子女流四段とツーショット!写真にサインを入れて...「あら?書ききれなくなっちゃった?」長沢さん、すみません。ペンが太すぎました。...で、撮り直しです。
カレンダーカップ2015_04
イベントの後半戦はメインイベントのカレンダーカップ決勝戦です。
決勝進出は中村真梨花女流三段と山根ことみ女流初段で、公式戦では過去1局、昨年のマイナビ女子オープン予選で山根女流初段が勝っています。
お互いに振り飛車党なので当然戦型は相振り飛車。中村女流三段のマリカ攻めに、山根女流初段が玉を逃げ出し入玉できるかどうか!?さてさて勝負の行方は?それは...
年末に発売の女流棋士カレンダーをお買い求めいただくと、表紙に結果が写ってま~す。(みなさま、ヨロシクね!)
カレンダーカップ2015_07
9月13日、日曜の午後のひと時、
この日女流棋士は、ステージ、指導対局、写真撮影、記録係、販売店員などフル稼働。
たとえゲスト棋士でも、対局、解説、聞き手、トークショー、更に写真撮影などで休む時間もなく...これが、女流棋士会プレゼンツです^^;
それでも、出演者15名の棋士と、80名のご来場の皆様と、より身近な交流ができた一日でした。
カレンダーカップ2015_08