第2回岡山県湯原温泉杯湯原あったまるオープン戦レポート

 2017年2月5日(日)に第2回岡山県湯原温泉杯湯原あったまるオープンが岡山県真庭市「湯原国際観光ホテル 菊之湯」で行われました。女流棋士6名によるトーナメント戦は、第43期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第4局と同日開催で、女流名人戦の大盤解説を開催する会場で公開対局として行われました。

第2回湯原あったまるOP02-01

 女流名人戦の立会である福崎文吾九段が開会の挨拶をしたあと、午前10時から対局開始となりました。対局は、持ち時間10分で持ち時間を使い切ったら1手30秒というスピーディーな早指し戦となります。なお、トーナメントの組み合わせは、前日に抽選が行われ決定しました。

 第1回戦は、山口恵梨子女流二段 対 中澤沙耶女流初段戦と山根ことみ女流初段 対 里見咲紀女流1級戦で、中澤女流初段と山根女流初段がそれぞれ勝ちあがりました。
第2回湯原あったまるOP02-02 第2回湯原あったまるOP02-03 第2回湯原あったまるOP02-04 第2回湯原あったまるOP02-05

 続いて、2回戦は、村田智穂女流二段 対 中澤沙耶女流初段戦と山根ことみ女流初段 対 石本さくら女流2級戦が11時から始まりました。村田女流二段と山根女流初段がそれぞれ勝ち、決勝戦に駒を進めました。
第2回湯原あったまるOP02-06 第2回湯原あったまるOP02-07 第2回湯原あったまるOP02-10

 このトーナメント戦は、公開対局となっており、対局を終えると両対局者が大盤のある壇上にあがり、感想を言います。一般的な対局とは異なり、見ているギャラリーとの距離感が近く、且つ早指しでの対局となるので、臨場感も味わうことができます。また、同じ会場で、指導対局やグッズ販売もしており、さらには、地元自慢の温泉にも入ることができ、女流名人戦と併せて終日楽しめる企画となっています。

第2回湯原あったまるOP02-08 第2回湯原あったまるOP02-09

 さて、決勝戦ですが、午後1時30分から始まりました。村田女流二段と山根女流初段の熱戦が繰り広げられましたが、山根女流初段が勝利し、優勝の栄冠を手にしました。
第2回湯原あったまるOP02-10 第2回湯原あったまるオープントーナメント表

 既に、同じ会場で女流名人戦第4局の大盤解説会が始まっていましたが、その途中に、第2回湯原あったまるオープン戦の表彰式が執り行われました。優勝した山根女流初段と準優勝の村田女流二段に、湯原対局実行委員会・池田博昭委員長から、それぞれ備前焼の優勝カップと表彰状などがそれぞれ授与されました。
第2回湯原あったまるOP02-12
第2回湯原あったまるOP02-13
第2回湯原あったまるOP02-14 第2回湯原あったまるOP02-15