次の一手:竹部さゆり女流三段編

さて、今回の次の一手は、平成24年の女流名人位戦B級リーグ、先手竹部さゆり女流三段、後手早水千紗女流二段の一戦より、二手、出題いたします。 奔放で力強い竹部さんの指した次の一手をお考えください。(解説:MW女流初段) 居飛車党同士の一戦が、なんと相振り飛車に・・・なるはずが、早水さんの機敏な動きに、飛車を振る間もなく守勢に立たされ、苦戦模様の竹部さん。後手の早水さんは美濃囲い、着々と攻め駒を配備し、今まさに竹部さんの玉と飛車に襲いかからんとしています。ここで竹部さんが指した、かねてからの狙いの一手は?

次の一手(竹部さゆり)01

(答え:▲27金。次に▲38飛から▲36金と目障りな歩を払って、先手優勢です。)

さて、30手ほど進んで、次の問題です。局面は先手優勢ですが、早水さんの鋭い攻めが続き、まだまだ予断を許しません。今早水さんが▽36金と出たところです。▲48歩と受けると、▽45桂と跳ねられてしまいます。竹部さんの辞書に「怖い」という文字はありません。力強い、攻め駒を責める受けを考えてください。

次の一手(竹部さゆり)02

(答え:▲16歩。▽47歩成に▲15歩と角を取ります。その後、左辺に王様を脱出して、後手の攻めを完封しました。)