次の一手:竹部-飯野戦(記:渡辺弥生女流初段)|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

少し以前に、竹部さんにバーサス(一対一の研究会)で将棋を教わった。持ち時間20分、切れたら30秒の練習将棋でもなかなか秒読みに入らない、早見え早指しの竹部さん。
「最後に一局秒読みの練習をさせていただいてもいいですか?」
「じゃ初手から秒読みにしましょう」と私。
「持ち時間を5分つけていただいてもいいですか?心を落ち着かせるために」殊勝なお顔でこんなことをおっしゃる竹部さん。

 次の一手:竹部-上川戦(記:渡辺弥生女流初段)|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

 ここのところ将棋会館へ行くたびに記録係の仕事を終えた竹部さんにお会いする。私も記録の仕事は嫌いな方ではないが、こと記録係に関しては竹部さんの足元にも及ばない。
 先日は私の対局の記録を取っていただいた。感想戦が始まるといつもお茶を入れ替えてくださる竹部さんが、どうしたわけかそのまま戻ってこない。しばらくして感想戦もひと段落ついたころ、
「良かったらこれどうぞ」

 次の一手:鈴木-中村桃戦(記:渡辺弥生女流初段)|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

 私が記録係を務めた将棋から次の一手を出題します。

 先手鈴木環那女流二段、後手中村桃子女流初段。平成25年4月に行われた第35期霧島酒造杯女流王将戦予選1回戦です。二人ともまだ私がプロになる前からよくしていただいてる(年はちょっぴり私が上ですが)先輩です。

 次の一手:甲斐-竹部戦(記:竹部さゆり女流三段、渡辺弥生女流初段)|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

飛び出す奇手・妙手は、下地となる知識と読みの力があればこそ。竹部さゆり女流三段の次の一手をお考えください。
竹部さんは私が女流棋士になったばかりのころからずっと良くしていただいている、面白おかしい、と見せかけて、実は優しくてまじめな大先輩です。おっと、これ実は秘密です。

 次の一手:竹部さゆり女流三段編|日本将棋連盟女流棋士会WEBSITE

さて、今回の次の一手は、平成24年の女流名人位戦B級リーグ、先手竹部さゆり女流三段、後手早水千紗女流二段の一戦より、二手、出題いたします。 奔放で力強い竹部さんの指した次の一手をお考えください。(解説:MW女流初段) 居飛車党同士の一戦が、なんと相振り飛車に・・・なるはずが、早水さんの機敏な動きに、飛車を振る間もなく守勢に立たされ、苦戦模様の竹部さん。後手の早水さんは美濃囲い、着々と攻め駒を配備し、今まさに竹部さんの玉と飛車に襲いかからんとしています。ここで竹部さんが指した、かねてからの狙いの一手は?